How we work ;
社員の紹介

Interview 03
失敗と成長

Interview 03
失敗と成長

しかし、中善寺くんは本当に成長したよね。
失敗もしたけども ― 和田

上司がケツを拭いてくれる安心感はあったのかも。
失敗しても、一人にはされない ― 中善寺

しかし、中善寺くんは本当に成長したよね。失敗もしたけども ― 和田

上司がおしりを拭いてくれる安心感はあったのかも。失敗しても、一人にはされない ― 中善寺

和田 卓磨 コミュニケーションデザイン本部 アカウントプラニング部 部長

中途入社6年目。REGAINの営業・コンサルティングのノウハウを体現するプレイングマネージャー。

中善寺 広海 八戸マーケティングセンター 第2コミュニケーションデザインG コンサルティングユニット シニアコンサルタント

2011年の新卒入社。八戸マーケティングセンターにてコンサルティングユニットを率いるリーダー。

和田:お互いは知り尽くしているけれど、いちおう、中善寺君の仕事の紹介をしてもらおうか。そのあとに僕、という順番で。

中善寺:はい。私は2011年の新卒入社です。現在は、八戸マーケティングセンターに在籍していて、コンサルティングユニットの責任者をしてます。コンサルティングユニットはクライアントの成果向上に向けての分析や業務改善提案を行なっており、企業の利益を最大化する提案、フォローアップをするとともに、現在お取引をしている企業への営業活動も行っているユニットです。

和田:ありがとう。僕は新規顧客獲得のための営業チームを束ねる営業統括の立場。自身も現場に出ていきます。特に最近力を入れているのがB to C企業の新規獲得。
さて中善寺君、早速だけど、仕事で心がけていることってある?

中善寺:そうですね、「クライアントのためにならないことはしない」ということを心がけています。例えば、たまにあるのですが、予算消化のための依頼や、利益は殆ど出ないのに目先の売上拡大だけを目論んでの依頼。中長期的にプラスにならないと思われるものについては、あえてお断りします。

和田:そうそう、1ヶ月だけチャットサービスをやりたい、とかね。チャットサービスが効果を生むには経験則として3ヶ月は必要だから断る勇気も大事だよね。長い目で見ればクライアントのためにもリゲインのためにもよくない。しかし、中善寺くんは本当に成長したよね。失敗もしたけど(笑)。

和田:ありがとう。僕は新規顧客獲得のための営業チームを束ねる営業統括の立場。自身も現場に出ていきます。特に最近力を入れているのがB to C企業の新規獲得。
さて中善寺君、早速だけど、仕事で心がけていることってある?

中善寺:そうですね、「クライアントのためにならないことはしない」ということを心がけています。例えば、たまにあるのですが、予算消化のための依頼や、利益は殆ど出ないのに目先の売上拡大だけを目論んでの依頼。中長期的にプラスにならないと思われるものについては、あえてお断りします。

和田:そうそう、1ヶ月だけチャットサービスをやりたい、とかね。チャットサービスが効果を生むには経験則として3ヶ月は必要だから断る勇気も大事だよね。長い目で見ればクライアントのためにもリゲインのためにもよくない。しかし、中善寺くんは本当に成長したよね。失敗もしたけ(笑)。

中善寺:まったくです。まさに、目先の利益を追い求めてただがむしゃらに売上を追いかけてしまっていたんですよね。それでクライアントにまで迷惑をかけてしまうという、本当に大失敗。

和田:そのあと自信をなくしてまったく受注がとれないというスランプになったしね。1年も!深夜の牛丼屋で愚痴を聞いたのを覚えているよ。でもほんと、その経験があったからこそ、その後ぐんぐん成長したんだよね。いまやリゲインのすべての事業に携わるキーパーソン。言葉にも説得力がある。

中善寺:ありがとうございます。「失敗をさせてもらえる」会社ではあるのかもしれないですね。失敗しまくった僕がどうどうと言うのもなんですが。上司がケツを拭いてくれる安心感はあったのかも。失敗しても、一人にはされないというか。

中善寺:まったくです。まさに、目先の利益を追い求めてただがむしゃらに売上を追いかけてしまっていたんですよね。それでクライアントにまで迷惑をかけてしまうという、本当に大失敗。

和田:そのあと自信をなくしてまったく受注がとれないというスランプになったしね。1年も!深夜の牛丼屋で愚痴を聞いたのを覚えているよ。でもほんと、その経験があったからこそ、その後ぐんぐん成長したんだよね。いまやリゲインのすべての事業に携わるキーパーソン。言葉にも説得力がある。

中善寺:ありがとうございます。「失敗をさせてもらえる」会社ではあるのかもしれないですね。失敗しまくった僕がどうどうと言うのもなんですが。上司がおしりを拭いてくれる安心感はあったのかも。失敗しても、一人にはされないというか。

和田:そうだよね。我関せず、という人はいないよね。小さい会社だから、みんなで火消ししないと思いっきり自分たちにも影響出ちゃう(笑)でも失敗してもいいけど無責任でいてもいい、というわけではない。責任の所在は明確にされる。いったん担当が決まると、「任せてしまう」からね。

中善寺:だからこそ、一人一人の成長は早いですよね。

和田:そう、他の会社に比べれば圧倒的に早く成長できる。中善寺くんは、そうやって成長しまくったわけだけど(笑)これから先、やりたいことってある?

中善寺:僕がこれから達成したいことは、採用や評価システム、教育研修制度をきちんと確立すること。結果として、コンサルティングの質とスピードを向上させるのが狙いですが。でも実は、僕はやはり「人」に興味があるので、いつか人事の仕事にチャレンジしたいです・・・。

和田:おおお。そうなんだ。

中善寺:形は変われど、会社に貢献したいという気持ちは変わらないですから!和田さんはどうですか?

和田:目先の目標は、徹底的に新規顧客獲得をやり尽くして、チャットサービスのリーディングカンパニーとして圧倒的なNo.1になること。そして中長期的には、海外事業展開。世界レベルで通用する日本のモノ・サービスはいくらでもある。クライアント企業が海外に進出する時、営業支援会社として、その手伝いができればと思っています。これは入社時から変わらない。

新卒学生のみなさんへのメッセージ

中善寺:自分でなんでもやってみたい人に向いている会社だと思います。自分の裁量で仕事をすることにワクワクできる人は楽しく仕事ができると思います。

和田:「野望を持っているヤツ、集まれ!」ですね。そういうヤツと仕事がしたい。

top